×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

京都アニメーション
京都アニメーションをご存知でしょうか。
京都アニメーションについて詳しく紹介しています。
京都アニメーションの作品:涼宮ハルヒの憂鬱

京都アニメーション製作の『涼宮ハルヒの憂鬱』(すずみやハルヒのゆううつ)はライトノベル『涼宮ハルヒシリーズ』が原作。20064-7月放送、全14話。200777日に第二期の製作が発表された。

京都アニメーション製作の『涼宮ハルヒの憂鬱』のストーリーは、女子高生の涼宮ハルヒが「宇宙人や未来人や超能力者を探し出して一緒に遊ぶこと」を目的に設立した
SOS団を中心に、平凡な高校生活の最中に起こる非日常的な出来事を、強制的にSOS団に加入させられた平凡な男子高校生、キョンの視点から描く。京都アニメーションは原作を忠実に再現した登場人物とストーリー、CGや実写も駆使した高水準の作画で、各所に見られる京都アニメーションのスタッフのこだわりなどが高評価を得た。

発行部数
130部だった原作が、アニメ放送をきっかけに300万部増刷され、また関連商品の売り上げも高水準をマークした。



京都アニメーションについて
京都アニメーションは通称「京アニ」と呼ばれています。京都アニメーションは,その名の通り京都府宇治市にあることに由来する。京都アニメーションは元々は動画・仕上げを中心とした下請け専門だったが、従来から丁寧で質が高い京都アニメーションの仕事はアニメーション業界内で評判であった。

その後、京都アニメーションは作画、演出、絵コンテなどのスタッフを充実させ、京都アニメーションは制作協力という形で1話丸ごと下請けするようになり、徐々に京都アニメーション自社で一貫して制作を行える体制を整えていった。京都アニメーションは
2000年代に入ってからは、京都アニメーションはついに「フルメタル・パニック?ふもっふ」や「アニメ版AIR」といった京都アニメーションの自社制作のアニメを手がけるようになり、京都アニメーションはその質の高い作画や演出が広くアニメファンにも高く評価されて、一気に京都アニメーションの知名度を上げた。

京都アニメーションはアニメーション制作だけでなく、「京都アニメーション塾」というアニメーター養成所をつくり、若手の育成にも努めている。

角川書店が持てる力のすべてを使って盛り上げるTVアニメ、それが「涼宮ハルヒの憂鬱」。 角川スニーカー文庫で累計250万部を突破した超人気作品のアニメ化。 制作は『AIR』の高い完成度で度肝を抜いた”京都アニメーション”。 涼宮ハルヒ役の平野綾、長門有希役の茅原実里、朝比奈みくる役の後藤邑子、 3人が出演するラジオ番組「涼宮ハルヒの憂鬱 SOS団ラジオ支部」がラジオを飛び出した!  まったーーり、ゆるーーりな、リアルな日常芝居。
「涼宮ハルヒ」の京都アニメーション最新作は、単行本3巻で累計50万部を超える大ヒット4コマ漫画をアニメ化。2007年4月よりチバテレビ他で放送開始。1巻当たり2話収録。
限定版には、ラジオ番組のダイジェストCD、ミニゲームCDーROM、ブックレットを封入。
京都アニメーションが贈る完全オリジナルアニメーション第2弾。巨大な破滅が再び迫った世界を救うために立ち上がったユメミの姿を描く。声の出演は三間はるな、肥後雅一ほか。 大ヒットPCゲームを人気アニメ『AIR』を手掛けた京都アニメーションがアニメ化したラブロマンス第8巻。あゆが事故に遭ったとの知らせを受けた祐一と名雪。事故を自分のせいと感じた名雪は帰宅後部屋に閉じこもってしまう。第22話から第24話までを収録。


京都アニメーションの歴史

京都アニメーションは旧虫プロダクションで仕上げ経験のある八田陽子が、1981年に近所の主婦らと、タツノコプロやサンライズの仕上の仕事を始めた。京都アニメーションの八田陽子が結婚して移り住んだ京都府宇治市に由来して「京都アニメスタジオ」と名乗っていたが、のちに「京都アニメーション」に改称、京都アニメーションは八田陽子の夫である英明を社長に据え、京都アニメーションは1985年に有限会社として法人化される。

京都アニメーションは
1986年に作画部門を設立し他社の動画の下請けを始めている。京都アニメーションは1987年のタツノコプロ制作のテレビアニメ『赤い光弾ジリオン』では、実質的な制作を行ったとされ、赤い光弾ジリオン作品のプロデューサー石川光久がアイジータツノコ(後のProduction I.G)を設立する際には出資を行った。やがて京都アニメーションは1990年代半ばから、演出・作画・仕上げ・背景・撮影などを自前で行う体制を整え、テレビアニメのグロス請けを行うようになった。

京都アニメーションは一時期
4ヶ所のスタジオを構えた時期もあり、またゲームソフトのパッケージデザインやそのソフトに関連したコミック版も請け負っていた。京都アニメーションは1992年にはシンエイ動画からの受注で、内田春菊原作のテレビアニメ『呪いのワンピース』を演出から仕上げまで初めて社内スタッフだけで制作した。京都アニメーションはこの頃には既に質の高い仕事で評判になっていた。その後、長らく主要取引会社であるシンエイ動画、サンライズ、ぴえろなどの下請けを行った。

アニメ監督の杉井ギサブローによると、その評判から仕事の依頼が絶えず、発注する元請けの制作会社では、京都アニメーションに仕事を依頼するためにスケジュール調整を行うことがあったという。京都アニメーションは
2003年、初の元請制作のテレビアニメ『フルメタル・パニック? ふもっふ』を手がける。

京都アニメーションは以後自社元請制作に専念するようになり、それまで主に業界内で知られる存在だった京都アニメーションの名を知らしめたのが
2005年放映のテレビアニメ『AIR』だった。この『AIR』以降、2005年からゲームブランドKeyが製作した恋愛アドベンチャーゲームをテレビアニメ化し、『Kanon』『CLANNAD』と、毎年1作ずつ制作している。京都アニメーション2005年、フルメタル・パニックシリーズの続編『フルメタル・パニック! The Second Raid』を制作し、これもヒットした。さらに2006年の『涼宮ハルヒの憂鬱』は人気のヒット作となり、京都アニメーションの名はアニメファンの間でブランド化し、2007年放送した『らき☆すた』も2006年に放送した『涼宮ハルヒの憂鬱』と同様ヒット作となっている。



京都アニメーション 日刊youtubeアニメ 
涼宮ハルヒ
京都アニメーション 
赤い光弾ジリオン
京都アニメーション 
フルメタル・パニック? ふもっふ
京都アニメーション 
AIR
京都アニメーション 
Kanon
京都アニメーション
 CLANNAD(クラナド)
京都アニメーション 
涼宮ハルヒの憂鬱


Copyright(C) 京都アニメーション All rights reserved